2007年04月20日

悩めるヒトのマストアイテム

junji.jpg

まあまあ、チカラ抜いて。


〜2007年4月16日 スポーツ報知より引用〜

タレントの高田純次(60)が、還暦を迎え初めて撮り下ろしたDVD「高田純次 適当伝説〜序章・勝手にやっちゃいました〜」(税込み3990円)が、3月21日発売以来、撮り下ろしDVDの中でNO1の売れ行きをキープしている。

 日テレ系バラエティー「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の突撃リポートを再現。メイドやレースクイーンのコスプレ、Tバック姿も披露。街の人たちに「処女ですか?」「ペ・ヨン純次です」など、ぶしつけにマイクを向ける“高田節”は健在だ。副音声では親交のある関根勤(53)とのトークも収録。

高田は「見なくてもいいよ。買ってくれれば」とコメント。撮り下ろしDVDでは異例の3週連続でトップを独走。出荷枚数は約1万5000枚という。


副音声で関根勤のトーク・・・とてつもないセンス!
posted by かぴぃ at 01:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 高田純次スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

速報!

高田純次Tシャツ

jun.bmp

ご本人の直筆。「じ」に注目です。

posted by かぴぃ at 18:35| Comment(1) | TrackBack(1) | 高田純次スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

純次に会った

もう、それはあっという間の時間でした。

だけど私たちは確かに、純次と言葉を交わし、純次と握手を交わしたのです。

-------

私たちの心のオアシス=高田純次が本を出しました。

タイトルは「適当論」。

出版を記念して丸善でサイン会が開かれました。

「行かない」という選択肢は絶対にありません。NEVER。
即予約して、その日を待ちわびて今日まで生きてきました。

そしてとうとうやって来たサイン会の日。

そんな大事な日だというのに、しかも祝日だというのにオフィスでギリギリまで
仕事をしていたため、時間に遅れてしまいました。

1人用の幅のエスカレーターであり得ない5人抜き。
そして純次の待つ会場へダッシュ。

列の最後尾へ急ぐ途中の通路に・・・純次がいた!こんな細い通路でサイン会?
驚きつつも、「純次、日焼けしてる。けっこうセレブなんだな・・」と
冷静な思いも湧き上がりました。

純次ファンでどんな人たちなんだろうと列に並ぶ人の顔を見ていると、
他の人たちも、どんなヤツらなんだよ、という目で周りを見ています。
比較的若い人が多く、思ったより男子率が高いという印象でした。
まあ、そんなことは、どうでもいい。純次しか興味ない。

そして、ついに私たちの番が。

事前に打ち合わせたとおり、「2人で会社を作るんです」と純次に告げると、
狐につままれたような顔をする純次。
少し会社の説明をした後に純次から帰ってきた言葉は・・・

「へぇー。何かあったら呼んでよ」

適当。

純次だ。この人、純次だ・・・。「何かあったら」って・・・。

「すごいなあ、女の子で会社作るなんて・・・」と特に心のこもっていない
コメントをその後、残していました。

夢のようなひとときを終えて、丸ノ内でわずか20分滞在した後、
とんぼ帰りで渋谷のオフィスに帰ってきました。

これだけで純次との思い出を終わらせたくありません。
何かあったら純次を呼びたいです。

これが純次にサインしてもらった本です。

jyunji.JPG

ふりかえってみると、彼が丸善の通路でサイン会をしているというだけで
笑えるシチュエーションでした。ほんとに適当。

--------

純次のついでに報告です。
2人で会社を設立します。たぶん明日くらいに登記です。
装いもあらたに「有限会社カピィ」としてスタートします。
また詳しくは次回へつづきます。

posted by かぴぃ at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 高田純次スペシャル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。